男性と女性では考え方が違う

 女性と男性とでは、生物学的な違いは明らかですが、考え方の違いも最近では取り上げられています。というのも、生物学的な違いが考え方の違いをもたらしていると考えられているのです。
 その要因なる生物学的な違いとは、大脳の中になる脳幹の太さだといわれています。脳幹とは、左脳と右脳を連結する部分のことをいいます。その部分が太ければ太いほど、左脳と右脳が情報を共有しやすい環境になります。
 そして、脳幹の太さは、女性が比較的太く、男性が比較的細いといわれています。つまり、男性の脳のほうが、左脳と右脳が独立しているということです。このことで、考え方の違いが生じていると考えられられています。
 ここで改めて女性と男性の考え方の違いを紹介しなくても、人々の多くは自身の実体験として、違いを感じているでしょう。違いを示す代表的な行動傾向の1つとしては、作業方法にあります。女性はマルチタスキングが得意で、男性はモノタスキングが得意といわれています。
 その理由は、マルチタスキングでは様々な情報を同時進行で収集し、様々な機能を並行して活用しなければなりません。感情も理性も同様に必要な場面にも有効です。そのため、いろんな情報が全体として共有できる女性の脳のほうが有利になるのです。一方で、男性の脳では、特定の機能に集中的に活用することに長けているため、モノタスキングに有利になります。感情は全く拝した理性的な、論理的な思考が男性の脳の得意とするところです。
 このように、女性と男性では考え方に根本的な違いがあるのです。だからこそ、女性と男性が惹かれあう、または理解しづらいという二極性のある関係が生まれているのかもしれません。ただ、その違いを楽しめるかどうかが、この違いによる良し悪しになるのだと思います。

今日の昼食はチキン南蛮

いつも昼食は何を食べようか迷ってしまいます。今日も、いつもと同じように、何を食べようか仕事をしながら考えていました。
 今日はいつもと違って、なんだかだるさがあって、疲労感もあったので、なんとなくしっかりと食べたい気持ちがあったので、今日は奮発してチキン南蛮を選びました。そして、食パンを買えば、チキン南蛮のサンドウィッチができると思ったのです。
 南蛮といえば、マヨネーズをたっぷり使ってありますから、カロリーを気にして普段はあまり食べないように注意していたのですが、今日は自分に甘くなってみたのです。
 さて、食べるものを買えば、後は、食事の場所の選択なのですが、今日は天気も良かったですから、公園にしました。日差しも暖かくて、数日前の台風が遠い昔のように思えました。
 周りには、主婦の方がテーブル席座ってぜいたくに食事をしていたけれど、そんなことはかまわない、私は私の幸せがあるんだと思って、しみじみチキン南蛮のサンドウィッチを味わっていました。
 心地のいい日差しを浴びて、ゆっくり味わうチキン南蛮はおいしかったです。久しぶりだったし、お腹が空いていたし、ペロリと食べてしまいました。こんなに食べていいんだろうかと思いながら食べましたが、おいしさには勝てなかったのです。
 食べ終わった後は、お口の周りを拭いて、ハミガキをして職場に戻りました。お腹いっぱいで仕事をする大変さを午後に味わっていました。
 昼食は、一日の中で一番エネルギーが必要な食事だと思います。日中の活動をエネルギッシュにするために、エネルギーあふれる食事は欠かせないです。チキン南蛮による眠気を感じながら、こんなことを言ってもあまり説得力がないかもしれません。
 ですが、せっかく摂取したエネルギーを単なる脂肪の蓄積にしないように、今日も最後まで頑張ろうと思います。

特殊な大阪の餃子専門店の餃子について

ニンニクに違いないとニラは?
中華圏であったら水餃子と鍋貼の具においてはニンニクをぶち込む因習はないはず。同様の、ニンニク的作用を担うものにニラ(韭菜、jiŭcài)が充実しているが、さほど入れず、白菜と豚肉のみなどはものも十分。ニラを充当した点は「韭菜水餃」ということで水餃子と区分けしてカリキュラムに表示されたりもする。もう一度、陳列場所の中には手を加えないニンニク片が卓上に配置される事も見受けられますから、口に運ぶ者のお好みによって生ニンニクをかじりつつ摂取する手段が準備された。

蒸し餃子(点心)、揚げ餃子
華東や華南では点心のうちとして、蒸し餃子がしっかり見かける。ふたたび、揚げ餃子を差し出す例えも存在します。中国で点心という身分で喉を通る蒸し餃子には皮や具や形に手配を凝らし、皮に小麦粉ことはしないで米粉を利用すると言えるものは種々の取り揃えを持っている。陝西省西安なんていうのには「餃子宴」と呼ぶ。大阪の餃子専門店によれば形を変化させた取って代わり餃子や、加熱の行ないや具の異なる餃子を交替で出す、餃子フルコースが準備された。

縁起ものと決めて
餃子はその発音が交子(子を授かる)と同じ[3]であることや、清代の銀子の形と似たことにより縁起の良い食べ物としてもありがたがられる。また「交」には「続く、末永し」的な含みもあり、春節には長寿を願い食され、大晦日(過年、guònián)には年越し餃子(更歳餃子、gèngsuì jiǎozǐ)を食べる。また、皇帝も王朝と社稷の永続を祈願し春節のときだけ餃子を食したと思っている。ただこれは元来北部の決まり事となっています[4]。

水餃子とは

主食形態での水餃子

中国の華北の餃子は主食の中におきまして一度に沢山味わえ[2]、水餃子(水餃、shuǐjiǎo)がメジャー。水餃子だったとしても、皮は厚見かけられ、お湯で茹で湯面に浮いてきた方をザルに上げ湯切りをして口にする。日本的な触れ込みをするならば「茹で餃子」だということです。シルエットも日本の餃子が長細く楕円に近いことを考えると、丸みを掴み正円に近い。わが国では水餃子とスープ餃子(湯餃、tāngjiǎo)が同義で採用できる場合がたくさんありますが、中国では水餃いうものは煮て餃子の事を指す(中国語でお湯は「熱水」、スープは「湯」である)。餃子の中身に冷まして固体にした牛脂を入れることがある。意外と熱でとろけてどうにもジューシーだけれど、皮が厚いので牛脂は手抜かり見せにくい。

煎餃

その他で、主に間食感じで摂取できるちっぽけで我が国の餃子が存在するのと同様に皮がゼロ火にかけ餃子(煎餃、jiānjiǎo)も屋台などで商取引されている。また煎餃自体大縛りでの焼き餃子のわけに陥ってしまい、水餃子の融資形式での焼き餃子はそれどころかコチラでコールされる。中国華北の専門店ではほぼ水餃子だけを使ってあるが、屋台などでは多量に水を使わないことから、焼き餃子をメニューに採用するきらいもある。日本中の焼き餃子と共に蒸し焼きで、水は取り扱っている。