男性と女性では考え方が違う

 女性と男性とでは、生物学的な違いは明らかですが、考え方の違いも最近では取り上げられています。というのも、生物学的な違いが考え方の違いをもたらしていると考えられているのです。
 その要因なる生物学的な違いとは、大脳の中になる脳幹の太さだといわれています。脳幹とは、左脳と右脳を連結する部分のことをいいます。その部分が太ければ太いほど、左脳と右脳が情報を共有しやすい環境になります。
 そして、脳幹の太さは、女性が比較的太く、男性が比較的細いといわれています。つまり、男性の脳のほうが、左脳と右脳が独立しているということです。このことで、考え方の違いが生じていると考えられられています。
 ここで改めて女性と男性の考え方の違いを紹介しなくても、人々の多くは自身の実体験として、違いを感じているでしょう。違いを示す代表的な行動傾向の1つとしては、作業方法にあります。女性はマルチタスキングが得意で、男性はモノタスキングが得意といわれています。
 その理由は、マルチタスキングでは様々な情報を同時進行で収集し、様々な機能を並行して活用しなければなりません。感情も理性も同様に必要な場面にも有効です。そのため、いろんな情報が全体として共有できる女性の脳のほうが有利になるのです。一方で、男性の脳では、特定の機能に集中的に活用することに長けているため、モノタスキングに有利になります。感情は全く拝した理性的な、論理的な思考が男性の脳の得意とするところです。
 このように、女性と男性では考え方に根本的な違いがあるのです。だからこそ、女性と男性が惹かれあう、または理解しづらいという二極性のある関係が生まれているのかもしれません。ただ、その違いを楽しめるかどうかが、この違いによる良し悪しになるのだと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *