水餃子とは

主食形態での水餃子

中国の華北の餃子は主食の中におきまして一度に沢山味わえ[2]、水餃子(水餃、shuǐjiǎo)がメジャー。水餃子だったとしても、皮は厚見かけられ、お湯で茹で湯面に浮いてきた方をザルに上げ湯切りをして口にする。日本的な触れ込みをするならば「茹で餃子」だということです。シルエットも日本の餃子が長細く楕円に近いことを考えると、丸みを掴み正円に近い。わが国では水餃子とスープ餃子(湯餃、tāngjiǎo)が同義で採用できる場合がたくさんありますが、中国では水餃いうものは煮て餃子の事を指す(中国語でお湯は「熱水」、スープは「湯」である)。餃子の中身に冷まして固体にした牛脂を入れることがある。意外と熱でとろけてどうにもジューシーだけれど、皮が厚いので牛脂は手抜かり見せにくい。

煎餃

その他で、主に間食感じで摂取できるちっぽけで我が国の餃子が存在するのと同様に皮がゼロ火にかけ餃子(煎餃、jiānjiǎo)も屋台などで商取引されている。また煎餃自体大縛りでの焼き餃子のわけに陥ってしまい、水餃子の融資形式での焼き餃子はそれどころかコチラでコールされる。中国華北の専門店ではほぼ水餃子だけを使ってあるが、屋台などでは多量に水を使わないことから、焼き餃子をメニューに採用するきらいもある。日本中の焼き餃子と共に蒸し焼きで、水は取り扱っている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *